腰痛

ゴルフ等で身体を捻ると出る腰の痛みに効果的だった施術例

更新日:

身体を捻じると出てくる腰の痛みに効果的なケアを当店での施術例を交えてご紹介します。

身体を捻じると腰が痛くなるのはなぜか?

腰の骨の作りは捻りに対して弱くできている

背骨は首から腰までいくつもの骨が連なってできています。首に7個、背中に12個、腰に5個の骨があります。骨は各部位で構造が異なっています。

背骨の後面図

使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑

首の骨は7個の骨で捻りと上下の動き両方に対応することができる構造となっています。

背中の骨は捻りに強い構造です。

では、腰の骨の構造はどうなっているかというと
上下の動き(身体を前に倒したり、後ろに反らしたり)に強い構造です。
逆に、捻りには弱い構造となっています。

純粋に腰の骨を捻じると骨同士がぶつかり合ってしまい、痛みとなります。これが、身体を捻ったときに出る腰の痛みの理由です。

腰の骨を捻じると痛くなるならどうやって身体を捻るとよいのか?

背骨を使えていない身体のねじり

腰骨にも身体を捻る可動性はあるが、メインとなる動きではありません。

身体を捻じることがメインとなるのは背中の骨!

身体を捻じるのが得意な、背中の骨の可動域を向上させていくことにより、正常な身体の捩じりを出すことができます。
人間本来の背骨の動きを取り戻すことにより、腰骨へとかかる負担を軽減し、痛みの改善へと繋がります。

背中の骨の動きを出すことができないのはなぜか?

①あばら骨の可動性が落ちてしまうため

あばら骨は背骨から繋がっているため、背骨の可動性はあばら骨の可動性に強く影響を与えます。

②背中の筋肉が硬くなってしまうため

背中の筋肉は背骨につく筋肉が多いため、この筋肉の硬さは背骨の動きに影響を与えます。

この2点の影響により背骨の可動性は変化していきます。

身体を捻ったときに出る腰の痛みに対して効果的だったケア

実際に当店にて行い、効果的だったケアをご紹介します。
今回行って効果的だったケアは

脇の筋肉へのアプローチ、股関節~みぞおち周囲を繋ぐ筋肉へのアプローチ、お尻の筋肉へのアプローチ

脇の筋肉へのアプローチ

脇の筋肉は主に広背筋という筋肉です。腕から背中に広がる筋肉であり、背骨全体の動きに関わってきます。
そのため、この部位へのアプローチにより、背骨の動きを促していきます。

股関節の筋肉へのアプローチ

股関節~みぞおちを繋ぐ筋肉は大腰筋という筋肉です。この筋肉はみぞおちの周りから背骨を繋ぐ筋肉でもあります。
この筋肉が柔らかくなることで背骨全体をより捻ることができるようになります。

お尻の筋肉へのアプローチ

お尻の筋肉は大殿筋という筋肉です。
この筋肉はお尻からぜ中の筋肉へと筋膜の繋がりがあるため、効果的に背中の筋肉を柔らかくすることができます。

 

自宅で行えるセルフケアの方法の紹介

①椅子に座った姿勢で身体を捻じる

背骨の動きを意識して身体を捻じることで、背骨に着く背中の筋肉を動かすことができます。

背中の筋肉を動かすことで、背骨がさらに動かしやすくなるため、身体を動かす良い循環が生まれます。

ケアの方法:

1.椅子に少し浅く座り、背中を動かすゆとりを作る

2.両腕を頭の後ろで組んで脇腹~背中の筋肉を伸ばす

両腕を上げて脇を伸ばす

3.姿勢をまっすぐ伸ばしたままゆっくりと身体を捻じる

身体を捻じる動き

側面から見た動き

違う方向から見ると

正面から見た身体の回旋ストレッチ

正面から見た動き

ケアの注意点:

・身体を捻じっておへその向きを変えるのではなく、胸の向きを変えるように意識して上半身(背骨)を捻るようにする

・余分な力を入れないように、軽めに反復して行う

②壁を使って腕から胸の筋肉を柔らかくする

腕から胸にかけて広がる筋肉を柔らかくすることにより、胸に広範囲についている筋肉が柔らかくなります。

胸周りの筋肉を伸ばすことであばら骨の動きを出せます。
また、胸の筋肉が柔らかくなることで胸の筋肉と繋がっている肩甲骨の動きも向上し、背中の筋肉を動かしやすくなります。

ケアの方法:

1.壁に対して少し離れて横向きに立つ

2.無理のない範囲で頭の高さで壁に手を付く

腕を上げて壁に着けて胸を伸ばしやすくする

・壁に付いた指先の向きを前よりも上向き、上向きよりも後ろ向きにするとストレッチがより強くなる

3.伸ばした腕と反対側に顔を向けてキープする

身体を捻じることで胸部を伸ばす

ケアの注意点:

・腕から胸にかけての筋肉が強めに伸ばされるため、無理のない範囲で行う

・辛ければ腕を上げる高さを低くして行う

痛みがあるときや、身体の動かしにくさがあるときはゆっくりと少しずつ行ってください。

また、運動前に行うことで腰痛の予防にもなるため、ぜひ日頃からのケアをお勧めします。

取りきれない痛みに対しては一度ご相談ください。または、当店での身体全体を整えるケアを一度お試しください。

-腰痛

Copyright© 春日井市の筋膜専門整体院 虹 NIJI 公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.